お墓・霊園の基礎知識

墓地や霊園、お墓を購入することは一生涯の中でそう何度もあることではありません。
私たちにとってなじみがうすく、戸惑いがちになるのも当然のことです。

信頼のおける墓地・霊園と優良な石材店を選ぶことが非常に大切です。

 

眼をひらく----開眼供養のこころ

新しくお墓を建てたり、建て直したりしたときに必ず行うのが開眼式(かいげんしき)といいます。この法要を行うことで墓石に入魂され礼拝するにふさわしい尊いお墓になるとされています。

入魂式、入仏式、お霊入れ(おたまいれ)、性根入れ(しょうねいれ)、御移し(おうつし)、開眼供養(かいげんくよう)など宗派や土地柄によってさまざまに呼ばれ、法要の営み方も違いがあるようです。

お墓を建てて開眼供養を行うことは単なる風習やしきたりという事ばかりでなく、大切なこの生命を幾代にもわたって受け継ぎ伝えてくれたご先祖さまや故人さまに感謝して、供養をささげ、むしろ私たち自身が開眼していくことができる儀式とも考えられます。

眼をひらくと書いて『かいげん』と読みます。

入魂されたお墓に心を込めてお参りするとき、はじめてご先祖さま、故人さまへのご供養の準備が整えられて、より良い人生を送っていくための私たちの『目』が開かれるのではないでしょうか?

 

お墓はいつ建てるべき?

お墓を建てる時期に一定の決まりはありません。
開眼法要を行う必要があるときには法事などにあわせて建てることが良いでしょう。

 

お墓はどのくらいの期間で完成する?

石材の加工から基礎工事、据付までおよそ1ヶ月以上はかかります。
予定をよく考え合わせ早めに発注することがポイントです。

 

お墓を移転するときは?

お墓を別の場所に移転して移骨することを『改葬』といいます。
改葬するときは書類上の手続きを必要とします。

)篩魑可証を旧墓地の管理者に発行してもらう。

⊆入証明書を移転先の墓地管理者に発行してもらう。

上記の書類を旧墓地のある市区町村の戸籍課、あるいは市民課に提出します

げ葬許可証が交付されます。

書類上の手続きについては私たちからのアドバイスを行いますのでご安心ください。
また、改葬によって残された古い墓石は僧侶などに依頼をして『魂抜き』の供養をお願いします。

 

生前にお墓をつくったら?

古来、中国では生前にお墓をつくることを『寿陵』(じゅりょう)といって家に幸せをもたらし、長寿を約束されるとして非常に縁起のよいものとされています。

陵寿で開眼法要の際にはお祝い事に準じた服装やお布施なども紅白ののし袋をつかったりします。
墓石にお名前を入れる場合も文字は朱の入れておきます。

 

 


前のページ
藤沢・茅ヶ崎市地域別葬儀式場情報
コンテンツのトップ


24時間受付

ご葬儀・お墓・墓地霊園のご相談はお気軽にご連絡ください。
24時間専門スタッフがご対応いたします。
0120-775-170



TEL:045-989-2151(代表)